お知らせ

ニュースレター
OATHAS NEWS vol.18 をアップしました。
がんと共に生きる患者との対話

がんの患者さんとの対話に生きる「がん哲学」の教え
かかりつけ薬剤師として、患者や隣人が「がん」と共に生きることになったとき、どのような対話をされていますか?
「薬剤師」という職能を全面にだして、薬物治療の話を中心に面談をするのでしょうか?
「薬剤師」であるからこそ、その転帰を知ることになり対応に苦慮されている方もいるでしょう。
TOP
大塚ヘルシーエイジングサポーター養成プログラム OATHAS